リフォーム-広島|個人サイト様の紹介

 リフォーム-広島|個人サイト様の紹介のページですが、現在登録がまったくありません。本当はもっと活用すべきなのでしょうが、記事を書くためには取材をする必要があるのですよね。ではいったいどのようにして取材をするべきなのか? この点が現状では問題点と成っています。

 「どうせ、大した物は入れてないから」そう言って店を出ていった。ただ彼がそう言ったときの薄笑いが気になった。だがそれよりも、封筒の中が気になる、それはどんな人でも同じであろう。それを隠すようにして持ち、裏に出た。現金である。100万か200万か入っているはずである。

 もしも人に見られたらと思う気持ちが、裏に出る事になったのだろう。そこで中を確認した。そしてびっくりした。竹原が薄笑いをしていた意味が瞬時にしてわかった。中身は、図書券であった。それが200枚重ねてあるのだろう。そして額面は100円だ。

 竹原は単純に2万円の出費で済ましただけである。足の力が抜けていく。確かに彼は、現金とは言わなかった。ただ私の顔に苦笑いが浮かんでいた事は事実だ。土曜日の朝、下の子、拓馬が熱を出した。それ程でもない様だが、私は病院に連れていく事にした。

―――― END of This page.And Copyright-SuemoriTakumu-All Rights Reserved――――
サイト内の文章及び画像には全て著作権があります。許可無く複製・再配布する事は著作権法で禁じられています。

リフォーム広島-職人魂を見た|拓夢書房のロゴマーク